三十路になった発達障害児の心に浮かぶよしなしごと

ADHDとASDを脳内に引っさげて今日もブレーキのないまま止まるかぶつかるまでアクセルを全開にするんだ。


スポンサー広告

ラジオ体操は中高年のものである!!

明けましておめでとうございます。たどっちです。

ちなみに祖父の喪中なので本来は新年のお祝いは遠慮する立場です。

 

知るか!!!

burnup-adhd.hatenablog.com

 

ふぅ。

というわけで中断をよく挟むものの、ちょくちょくやっているラジオ体操について語っていきたいと思います。

あれを小学生に独占させるのは!惜しいんだぞ!!

続きを読む

もう靴の踵を踏んでも怒られないんだ

お久しぶりです、たどっちです。

残念ながらまだ家族を手放せていません。 burnup-adhd.hatenablog.com

 

というかむしろせっかく高高度を維持していたはずの自己肯定感が壊れて、立て直しもままならず幼児退行しかけています。

夫が会社に行こうとすると引き止めたがる様子、まさに幼児ならんや。

いや幼児である。

反語表現ですね。

 

それでも一応母親との関係性について考察だけはそれなりにしたので、ぼんやり書きながらタイトル回収しようと思います。

続きを読む

訣別の時きたれり、其は家族を手放すもの

真面目な話の最初にネタを持ってくるスタイルにして、世界レベルから家族レベルまでスケールを矮小化するスタイル。

つまりどっちに対しても失礼なパロからスタートするたどっちです。

 

まぁ祖父が亡くなった話を前回書いて、禊といいますか、ある程度心情を吐き出しつつなるべく日常生活に戻っていこうとしたんですけど。

直後に来た上の妹のLINEで「遺影はお姉ちゃんの結婚式の時の写真使ったよ」と無邪気に言われたわけですよ。

妹2人にはまぁ全貌ではないものの、何をされたか話してたわけですよ。遺影を選んだであろう両親には何も話してないのはともかくとして。

それでこれかー。

これだけ祖父嫌い怖い無理って話した上で!

その話言うのかー!!

というわけで完全にへこたれ潰れて酒飲んでくだまいた上に、今になって持病の胃炎が悪化してのたうっています。いや当たり前なんだけどさぁ。

まぁ結婚式と言っても単なる食事会、ドレス着てフォトウェディングしたのは全く別のタイミングだしいいっちゃいいんですけど!

人生にストーカーしてきてんのかよ!と叫ぶようなしんどさと共に、少々家族とマジで距離を置くべきなのかなぁ、なんて思ってしまった今日このごろなのです。

続きを読む

私は祖父を悼まない

祖父が死んだ。
母から22時前に電話が来て、「落ち着いて聞いてね」と2度ほど言われた時には、おそらくそうだろうなと思った。予想通りだった。
母は何も私に言わなかったけど、妹からは祖父の認知症が進んで施設に入ったこと、骨折からがんが発覚したことまで聞いていた。骨への転移だし長くはないのだろう、と思ってから半月。
それでも思ったよりは、短かった。

翌日、通夜と葬儀の予定を伝えるメールに仕事を理由にして欠席のメールを送った。事実通夜のあった日の深夜、下手すると翌早朝近くまで原稿引っ張ったので、言い訳とも事実とも言えるし、言えない気もする。

葬式に出るつもりは最初からなかった。祖父の生前から。
私は祖父から性的虐待を受けていた。直接的な行為を伴うものではなかったが、いわゆる職場であれば「セクシャルハラスメント」に充分該当する程度のものだと思う。

続きを読む

動けるようになった瞬間全速力出して1日でへばるの何とかならないよなぁ

だってなんとかなるならもっと前から何とかなってるよなぁ。

と、インチュニブが抜けて執筆できるようになった瞬間一気にタスクを増やしてから後悔とも反省とも清々すさしさともつかぬなにかを感じているたどっちです。

 

あ、つまりインチュニブ飲んでました。

続きを読む

どうやら私には人間への興味があまりない

最近薄々気付いてきたんですけど。

 

ちなみに身近な人間に対しては親愛の情なり、逆に嫌悪なり、感情を抱くことはありますが、それが他人と自分を比較する、とかそれに対して嫉妬する、とかはあまりないです。

すげーなーと思う人は結構たくさんいるかもしれない。

でも多分私は、その人の『エピソード』を単純に凄いな、と思ってる程度な気がします。

 

ついでに私はおそらく相貌失認症です。

続きを読む

新型コロナパンデミックでわかった私の慰めること苦手っぷり&患者受け入れ体制への所感

あまりにも苦手すぎて全私がちょっと泣いた。

もしかしたらそれ以上に人を泣かせているかもしれない……そんな私の反省と言うにはあまりにも誠意のない考察です。

結局『人の立場に立てる』けど『人の気持ちになれない』っていうのは私の発達障害部分の中で、結構大きな障害なんだなぁと思った。

続きを読む